vintagekagu

【12人の建築家 小さな建築シリーズ】葉祥栄 カップ&ソーサー Yoh Shoei cup & saucer

¥33,000

2007年にワタリウム美術館で開催された、”小さな建築-12人の建築家のカップ&ソーサー展” にて販売された、デザインプロダクトの中から、葉祥栄さんがデザインした「カップ&ソーサー」をご案内いたします。

ウイットに富んだ円柱の取っ手が特徴的です。

来客用として会話の種になること請負。
東のクラマタ、西のヨウ」とガラス作品では呼ばれた葉祥栄さんのプロダクトです。

未使用品ですので、気持ちよくご使用いただけます。

箱はございませんのでご注意ください。

円形平面を用いた建築は、古代ローマのパンテオンや遊牧民の住むパオのように、時代や地域を越 えて多岐にわたってみられ、円による象徴性や構法的 合理性を具体化したものとして知られています。

現代でも、円形平面を用いた建築作品のようです。
ぜひこの機会にご検討ください。

【サイズ】
φ 80 × 高さ 70 × 110 mm

【ソーサー】
φ 160 × 10 mm

葉祥栄氏について
日本の建築家。熊本県熊本市出身。本名、葉村祥栄。
1962年、慶應義塾大学経済学部卒業後、渡米し、ウィッテンバーグ大学(オハイオ州)で美術と応用美術を学ぶ。1964年に日本帰国し、インターナショナル・デザイン・アソシエイツ(東京)、NIC(福岡)のデザイナーを経て、1970年、葉デザイン事務所を福岡に設立。以来、福岡を拠点として、建築・インテリア・プロダクトと多岐にわたるデザイン活動に取り組む。
絵本作家の葉祥明、写真家の葉山祥鼎は実弟。イラストレーターの葉山賢英は甥。

You may also like

Recently viewed